【2020年8月のまとめ】買ってよかったモノと、やってよかったコト【ガジェット/家電/日用品/登山】

8月の振り返り 買ってよかったもの、やってよかったこと。

https://go-wasu.com

暑いー、と毎日ぼやいていたのに、夏の雲が減り、日によって夜にはうっすらと秋の雰囲気をまとってきたりして......

それはそれでなんだか悲しい気分にもなりますね、今年の夏は短い。

8月はコロナのせいで長期旅行もいけず、買い物もそこまでしてなかった気がしますが、そのなかでも買ってよかったもの、やってよかったことを紹介します。

記事作成が全然追いついていなくてちょっと反省。

ガジェット・家電

【ワイヤレスイヤフォン】TaoTronics SoundElite 71

TaoTronics「SoundElite 71 (TT-BH071)」

スタミナですよやっぱ。

ずっと愛用していたAnkerのワイヤレスイヤフォン「SoundBuds Slim」がいきなり壊れました......

急いで物色して買い替えたのが、「TaoTronics SoundElite 71」。かなりよいです。

選んだ際の重要ポイントは、「長時間再生」です。リモートワークで前より長時間使うこと増えたので。

以前使っていた「SoundBuds Slim」も10時間再生できたので、比較的再生時間は長いのですが、朝にワークアウトして、そのまま仕事、夜に散歩なんかしてると流石に充電が持たないので、できればもっと持つ機種が欲しい。

ということで選んだ、「TaoTronics SoundElite 71」ですが、なんと連続再生が18時間もできます。これなら寝る時に充電しておけばほぼ一日OK。

うっかり充電し忘れても朝のワークアウトで「充電切れた!」と慌てることない。途中で充電が切れるとほんと悲しいのでこれだけ持てば十分でしょう。

  •  高音質コーデックAPT-X HDとAACに対応
  • 防水性IPX6
  • CVC8.0ノイズキャンセリング搭載
  • 本体は約15gで軽量
  • 3千円台で買える

とスペック的にもかなり魅力的。音質もよくて、リモート会議での音声も「SoundBuds Slim」よりクリアなので満足です。

総じてパワーアップした感じがあります。

左右が完全に分離しているワイヤレスイヤホンも便利そうなので検討したのですが、連続再生時間が短いものが多いのが難点。

個人的に普段使いにはケーブル付きのワイヤレスイヤフォンのほうが使いやすいのです。完全分離型だと手で持ってないといけないし、たぶん無くしそう。

あと、充電ケースもまだちょっと大きいのでジーンズに入れるとボッコリしそうでなかなか食指が動きません。その点、外出先でちょっと一時的に外したいときにネックレスのように首に掛けておけるのはやっぱり便利。

とはいえ、ケーブルがあるとワークアウトとかランニングするときには邪魔ではあるので、完全分離型別はトレーニング専用に買おうかなと考えてます。

【モバイルディスプレイ】EVICIV 15.6インチ(EVC-1502)

ディスプレイの広さは心のゆとり。

まだレポート用の写真もまだ撮れてないですが、リモートワーク用にモバイルディスプレイを買いました。

これは買ってよかった。さっさと買うべきだった。

  • Type-Cケーブル1本で電源供給が出来るのでACアダプタはいらない
  • 使わないときは立て掛けておけて邪魔にならない
  • 持ち運びもできる

据え置き型のディスプレイはワークスペースのない我が家には難しいので、とりあえず使わないときはテレビの横に立て掛けておけるサイズで持ち運べるのはありがたい。

コンセントも足りないのでUSB-C一本でMacBook Proとつながるものは、めちゃくちゃ楽です。

もともと13インチのMacBook Proだけで作業してたのですが、流石に小さい。

メーラーとGoogleアナリティクス、Twitterは別画面で常に開いておきたいのに、ディスプレイが1枚だといちいち切り替えが必要でかなりストレスでした。

リモート会議で資料と画面を分けて表示できることがこんなに楽だとは。

しかも使わっていないときは、テレビの横に立てておけるので、出しっぱなしにする必要がありません。片付けられるというのがほんと楽。

画面サイズが15.6インチだとちょっと小さいかなと思ったのですが、MacBook Proと並べると目線が同じ高さで移動できて結構使いやすいです。

ちょっと気になるのが「色」。正確にいうと色味は調整できるのですが、コントラスト比がMacBook Proと比べると低い

無理やりコントラストを上げると画面が白くなって見にくいし、丁度よいコントラストにすると今度は画面が暗い。

実質20,000円弱の価格帯なのでそこまで求めるのも酷ですが、写真の補正やデザイン作業なんかには向かないですね。もっと高いディスプレイを買うべきです。ただし文字ベースの書類を作成したり、ネットを見る分にはまったく問題ないです。

あと、細長くて小さい滑り止めが脚になるベゼルの側面に2つついてるのですが、接着剤で止めてあるだけなので、すぐに剥がれそうになります。

先日も床に黒いものが落ちていて虫かと思って焦ったら、滑り止めのゴムだったので、もっとしっかりと貼っておいてほしい。

スペースに余裕があるのであれば、据え置き型のディスプレイを買って置いておくのがが一番ででしょう。

ただ、「作業スペースが広くない、使わないときはしまっておきたい、持ち運びもしたい」というのであれば、モバイルディスプレイは相当便利です。

【家電】シーシーピー(CCP)のバイブレーションモップクリーナー

電動モップクリーナーのスタート

床のザラザラをサラサラにしたくて。

面倒な床の水拭きを解消しようと思い話題の電動モップを買いました。

電動モップは回転型、振動型の2種類があり、レビューの多い回転型とも迷ったのですが、ちょっと高い新型のヴァイブレーションタイプにしました。

というのも「モップパッドを使う前に水に湿らす必要がある」とか「回転盤の中心にパッドをつけないと上手く回転しない」などチリツモなストレスが発生しそうだったので。

実際に使ってみると、これまで手で雑巾がけしたり、クイックルワイパーのウエットなやつで水拭きをしてましたが、パワフルさと楽さが全然違います。

拭き上げも手でゴシゴシしてたのがバカらしくなるぐらいが楽です。

水は手元で操作できて汚れた場所にピンポイントで噴射できるのでかがまなくてよいし、回転型と違ってモップが四角なので、隅っこもしっかりと拭けるも気持ちがよいです。

同じようにストレスを感じてる人はピッタリと思います。

【関連記事】
コードレス電動モップクリーナーで床の水拭きが楽になった。力いらずでフローリングがサラサラに! お掃除ロボより手動のほうが融通がきいて使いやすい。

登山・旅行

【サコッシュ】カリマーの「トレックキャリーサコッシュ」

カリマートレックキャリーサコッシュ前折れ式の開口部

山でも街でも。

「山行中に最低限の荷物を入れてサッと取り出せるサコッシュが欲しい」「できれば普段も使いたい」と思って購入。

条件は、

  • できる限り軽くて丈夫
  • ポケットは2つ以上ほしい
  • ジッパー付きのポケット
  • マチもほしい

サコッシュにほしい機能はこんな感じでしたが、カリマーのサコッシュはバランスよくクリアーしていて使いやすい。

サコッシュでマチがあるのは珍しく、そのおかけで容量もいっぱい入るし、たすき掛けしたときも体にフィットするので、ブラブラしにくいのです。

価格も2,750円(税込)で購入しやすいので、普段の買い物にも使ってます。まだ山には持っていってないので、使用したら報告します。

【関連記事】
カリマーの「トレックキャリーサコッシュ」は軽量で使い勝手よし! 絶妙なサイズ感で体にフィットするので買い物や旅行にもおすすめ

【サングラス】オークリーフロッグスキン

オークリーフロッグスキン

裸眼より景色が綺麗に見える。

んなバカなと思っていたのですが、解像度が全然違う。

ほんとディテールがクリアに見えます。これはちょっとびっくりしました。高いだけのことはある。

毎日掛けるわけでもないサングラスに大金は払えん! と、これまで1500円ぐらいの安モノ(ドライブや登山や旅行)と、100円の超安物(海辺やシュノーケリングの移動時)を使い分けてました。

そのなことをいいつつも、いつかはちゃんとしたサングラスが欲しいとはずっと思っており、サングラスに2万もだすなんて...と何度も踏みとどまったのですが、ついに清水ダイブで購入。

サングラスなんて眩しさを和らげるために暗くなってだけかと思ってましたが、それは自分が持ってるサングラスがそうだっただけで、フロッグスキンをかけると日差しを遮るだけではなく見え方もクリアーです。

すごい! コントラストが強調されて風景のディテールもしっかり見えます。

フレームカラーはMatte Black、レンズカラーは偏光レンズのPrizm Black Polarizedを選択。フィッティングは純日本人的な鼻の高さなのでアジアンフィットで。

登山中はずっと日差しがあるわけではなく、木陰に入ったり出たりもします。

なのでちょっと暗くなったときに見えにくくなると困るのですが、暗いなりにもそこそこクリアに見えるのでいちいち外したり付けたりしなくてよいのが嬉しい。

クルマの運転もすごく楽。運転中のトンネルもある程度の明かりがあれば、そのまま付けていても問題なさそうでした。

前に使っていたサングラスだとトンネルに入るとかなり見えにくくなって怖かったので。

偏光レンズの威力はまだ試せていないので、来年は海でもぜひ使いたい。

紛失したら相当ブルーになるので、耳周りがうっとうしいけど、山で使うときにはメガネストラップを付けて和泉節子スタイルで使ってます。

結論としては、「サングラスにも2万は出したほうがよい」

【奥多摩】日本最大級の水道貯水池「奥多摩湖」でイオン浴

奥多摩湖

多摩川のはじまりを見に。

東京都最西端にある日本最大の水道貯水池「奥多摩湖」に日光浴がてら、ドライブがてらにいってきました。都心から2時間ほどのちょうどよいドライブコース。

特に何をするわけでもなく散策しただけですが、人口湖とはいえ、これだけの規模は圧巻です。湖から見える奥多摩の山々も気持ちいい。

三頭山はガスっててあまり見えませんでしたが、関東最高峰の雲取山と三頭山はいつか登ってみたい。

【関連記事】
【奥多摩】多摩川のはじまり。都心から2時間ちょいのドライブコース、奥多摩湖に行ってみた

【霧ヶ峰】霧の霧ヶ峰・車山にお手軽登山

霧ヶ峰山頂

夏の霧ヶ峰へ。

百名山ながら日本屈指の登りやすさで大人気の「霧ヶ峰・車山」にいってきました。

早く山行記事を書こうと思いつつも写真の整理をしているうちに時間が経ってしまっています....今月まとめて書こう。

洒落にならない暑い夏のなかで低山ハイクは辛すぎるということで、涼を求めて霧ヶ峰にいってきました。さすがエアコンの商品名にもなるぐらいです。

8月上旬なのにかなり涼しい、あいにく曇りで風もあったので動かないとむしろ寒い。登り始めるとミドルレイヤー1枚でいけますが、休憩中はウインドシェルが欲しいですね。

車山山頂

最高峰は標高1,925mもある車山ですが、車山肩駐車場からは歩いても40分ほどのゆるゆるハイクでいけます。

車山高原スキー場のリフトを使えばあっという間に頂上に立てるので、トレッキング目的ではなくドライブついでにも立ち寄る人が多いですね。

体感気温は結構涼しかったのですが、ドライブがてらの人はビーサンに短パンみたいな人もおりました。寒いだろそのカッコは。

残念ながら車山山頂付近に近づくにしたがって霧が立ち込めて、映画「ミスト」みたいです(それはそれで天空の車山神社は神秘的でよかった。空に浮いてるみたい)。

晴れてると見晴らしもよいし、相当気持ちいいと思う。

広大でWindowsの壁紙みたいな景色が、こんな登りやすさで満喫できる山もなかなかないため、季節を変えてまた訪れたいと思います。

【霧ヶ峰】ころぼっこるヒュッテ

登山口にある「ころぼっくるヒュッテ」のコーヒーも美味。発音も気持ちいいので何回もいいたいし、何回も来たい。

なんで山で飲むコーヒーはこんなにも美味いのだろう。

9月はもうちょい山に登りたい。部屋の整理がしたい。

徐々に夏の寿命が消えかかってきているのを日々感じており悲しいですが、秋にはまた違った風景が見えるはずなのでそれはそれで楽しみ。

9月には念願の小屋泊も予定してるので、かなりワクワク&寝れるか不安。

家の中での生活時間が多くなり、必然的に部屋が雑然としてきたので、整理も兼ねてモノのアップデートもしたいし、掃除のルーティンメニューも見直してたい。

ほっといても部屋がすっきりできるような掃除の習慣付けをせねば。

とりあえずブログに書きたいことが追いついてないのでまずはそれするのが先ですかね。

gowasuのプロフィール写真

GOWASU(@monogokoro4)からのひとこと

引き続きコロナで在宅時間も長いし、お出かけも減りがちですが、楽しみも見つけつつ生活をアップデートしていきたいなと。

長い人生のんびりいこうと思います。

-ピックアップ