Aesop(イソップ)のアルコールジェル「リンスフリーハンドウォッシュ」は、カサカサしないし除菌もできていい香り

Aesop(イソップ)のアルコールハンドジェル「リンスフリーハンドウォッシュ」

すっかり日々の生活には欠かせないアイテムになってしまったアルコールジェル。

ザ・消耗品なのでドラッグストアで適当に選んでましたが、おしゃれ真打ちイソップからもアルコールハンドジェルが出ました。

どうせ使うなら気分のあがるものがよい、ということで「イソップ リンスフリーハンドウォッシュ」を試してみました。

使用感はさすがのイソップ。アルコールジェルなのにベタつきや乾燥もなく、むしろややしっとり目の仕上がりです。手にさっとのばすと、いつもの爽やかなイソップフレーバーがふわっと香り、手と一緒に気分までも消毒できそうな感じ。

お値段は持ち運びにピッタリな50mlで1000円ちょい。

たかがアルコールジェルと考えればものすごい高いのですが、見た目のスタイリッシュさや有機的な香り、使用感のクオリティなど、イソップらしさは全開なので、もろもろ考えるとアリです。

イソップらしいパッケージ「リンスフリーハンドウォッシュ」

Aesop(イソップ)のアルコールハンドジェル「リンスフリーハンドウォッシュ」正面

ハンドクリームに始まり、ボディスクラブ、フェイススクラブと手繰り寄せるように増えてきた、お気に入りのスキンケアブランド「Aesop(イソップ)」ですが、ここへ来てアルコールハンドジェルが仲間に加わりました。

イソップ製品は男女兼用で使えるのも特徴で、統一感のあるデザインと絶妙で心地よい香りが魅力です。そこはアルコールハンドジェルでももちろん健在です。ほんといい香りだ。

イソップのハンドクリームの画像
Aesop(イソップ)のハンドクリームで荒れた手とココロを癒す。見た目だけじゃない、実力とおすすめのポイントを紹介します。

顔や髪と同じように、ほとんど一日中、露出している「手」。 生活を支えるために常に何かを持ったり、触ったり、と酷使しているにもかかわらず、男性は特に意識してケアをしていない人も多いのじゃないでしょうか。 ...

続きを見る

いつものイソップフレーバーで気分が上がる

シトラス系で爽やか、そしてイソップらしい自然な香りです。ただしこいつはアルコールジェルなので、つけてすぐに鼻をつけると「ウッ!」となるので気をつけましょう。

Aesop(イソップ)のアルコールハンドジェル「リンスフリーハンドウォッシュ」裏面のラベル

全体的に爽やかな印象で男女ともに楽しめる香りだと思います。

ベタつき、かさつきもなくさらっと使いやすい使用感

Aesop(イソップ)のアルコールハンドジェル「リンスフリーハンドウォッシュ」の使用感

アルコール濃度は58~62%なのでそのあたりの濃度も使用感に関係していると思いますが、いわゆるアルコールジェルを使ったときに感じる、ベタつきや乾燥はありません。

むしろしっとりした潤いもある。清潔にしながら不快感もないのですごく使いやすい。

GOODポイント

  • パッケージがおしゃれ。玄関に出しっぱなしでサマになる
  • ジェル特有のベタつきや、アルコールによる手の乾燥もない
  • 香りが自然で上品
  • 除菌しながらイソップフレーバーが楽しめる

BADポイント

  • 香りがあるため、飲食店では使いにくい場面もある

飲食店では香りがあると迷惑になる場合もあるので、外出時には無印の無香料除菌ジェルもバッグに忍ばせています。ただイソップと比べるとやっぱりジェルのベタつきが気になる。

気分を上げて除菌する

Aesop(イソップ)のアルコールハンドジェル「リンスフリーハンドウォッシュ」

イソップがアルコールジェルを手掛けると、やっぱり香りといい使用感といい、ぐっとクオリティが上がります。

見た目もかっこいいので、玄関に置いてもサマになるし、持ってて楽しいアルコールジェルなんて他にないかも。

薬局の棚にならんでる除菌ジェルやスプレーに比べたらどえらい超高級ですが、ちょっと贅沢して気分のあがるもの使ってみるのはなかなか楽しいです。

香りも使用感も心地よいので、イソップ好きならぜひお試しを。持っていて損はないと思います。

-ライフ