目と腰がラク。世界最薄クラスの貼り付けるノートパソコンスタンド「MOFT mini」でMacBook Proがさらに快適に

世界最薄クラスの貼り付けるノートパソコンスタンド「MOFT mini」

ノートパソコンを使っていると、いつの間にかのめり込むような姿勢でキーボードを打っていて、自然に首と腰まで曲がってしまう。おかげで集中した作業のあとには、一気に目や首だけではなく、肩と腰にもダメージがきます。

姿勢を良くしないと、と意識はするものの、気がつくけば肩が前に出てしまい、結果、全身に不自然なストレッチがかかってしまいます。作業してると、体がバッキバキになるパターンです。

自宅で作業するときは、文庫本を下において傾斜をつけたりしてたのですが、ガタガタするし、スマートでもないので、なにかよいものはないかと思っていると、「MOFT mini」という貼り付けるタイプのノートパソコン用スタンドがあったので、使ってみました。

これはよい。

「MOFT mini」の外観

「MOFT mini」はシート状の貼り付けるだけなので、とにかく薄い

世界最薄のシート型PCスタンド

見つけたのは「MOFT mini」というポリウレタンとガラス繊維でできた軽くて薄いノートパソコン用スタンド。

シート状でパッケージも薄いため、フィルムが入っているぐらい厚みしかなく、こんなペラペラで大丈夫なのかと思いますが、耐荷重も8.6kgまで対応しているので、通常の使用には全く問題はありません。

プラスティックのような硬さではなく、しっかりとコシのある素材感です。折りたんで使用することで、力が分散されるのでしょう。実際タイピングしてもひしゃげたり、たわんだりすることはありません。

「MOFT mini」の中身

特に付属品もありませんが使い方は簡単で、粘着シート部分をノートパソコンの背面に貼り付けるだけのシンプルな設計です。

背面にしっかり貼り付ける

「MOFT mini」の背面

色味はスターグレーを選んだので、MacBook Proと比べると差はありますが、そこまで違和感はないかなという感じです。薄さは約3mなのでバッグやスリーブケースへの収納時にも引っかかることはなく、37gしかないので、付けていても重量を感じることはないです。

ちなみに、接着面は樹脂でできていて、汚れても水洗いすれば貼り直し可能なので、失敗してもリカバーはできます。とはいえ剥がすのに結構な力がいるので、なるべく慎重に一回で貼りたいところ。

「MOFT mini」シート本体

写真だと少し起毛感のある素材にも見えますが、ザラザラした硬い質感でです。

フェルトのような起毛素材だと耐久性に欠けそうなのでこっちのほうが安心です。その他はこれといった装飾はなく、中央に「MOFT」の型押しロゴがあるだけのミニマムなデザインです。

MacBook Proはデザインが既に完成しているので、本来は何も足さないで使いたいと思っています。ただ「MOFT mini」の場合、デザインを壊すことはないので、機能が強化されたことを考えると、デザインを否定しながらも心地よいバランスで成り立っているのではないでしょか。

薄くても安定してグラつかない

「MOFT mini」折りたんで使用した状態

使用するときはシートにある線に沿って折り曲げることで、本体を持ち上げる形です。

折り曲げるといっても難しい作業でもなく、慣れれば手元を確認しなくても一瞬で変形させることができます。

特別な滑り止めはついていないので、極端にツルツルの材質の机だとグリップ力が保てないかもしれません。まあそんな抵抗力のない場所で使わないとは思いますが・・・

何回も折り曲げていると、畳んだときに癖がついてビローンとめくれたままになるのでは? と心配したのですが、マグネットがついているので広がったままになることはないです。

ただバチっと強力に止まるわけではないので、何年も使ってたらどうなるのだろうという気はします。しっかり止まらないとカバンの中で何かが挟まったりすることも考えられるので、欲をいえばマグネットはもう少し強くてもよいですね。

傾斜が10度なので、自然で使いやすい

横から見るとこのぐらいの角度。

これでキーボードと机の間に10度の角度ができあがります。高さにしてたった4.5cm。見た目的にはそんなに高くはないでしょう? でもこの角度があるのとないのとでは操作性に雲泥の差があります。

「MOFT mini」はminiと名前がついているぐらいなので「MOFT」という通常版のサイズも展開しています。こちらはシート面も大きく、折り畳んだときの高さも違います。どちらを買うか悩んだけれど、決め手は角度でした。

通常版の「MOFT」は角度が2段階調整できますが、「25度の8cm」「15度の5cm」となり、個人的は角度が高すぎるのです。

角度があるとその分目線は上がるし姿勢にもよいのでしょうが、見た目に不自然な印象もありちょっとインパクトが強いのでやめました。なんなのだろうあれは? と思われるのが嫌なので、できるだけ自然な傾斜がほしい。その点、「MOFT mini」は10度で固定されて調整できないのは残念ですが、持ち上がる高さは4.5cm程度で自然です。

使い勝手だけでなく、見た目とてしも、高くもなく低くもない、絶妙なバランスになったと思います。もっと画面を持ち上げたいとか、本を読んだり、映画を見たりしたい人だとミニではなく、通常の「MOFT」を選んだほうがよいかもしれません。

「MOFT mini」の高さ

たった4.5cm画面が持ち上がるだけで目の疲れも軽減され、タイピングも俄然しやすくなるのは不思議です。

13インチのMacBook Proに使用していますが、通常のタイピングではぐらつくこともなく、安定して使用できています。

15インチまでのノートパソコンに対応していますが、隅っこの圧力にはそれほど強くないと思うので、サイズによってはタイピングの強度や打刻場所によってはグラつきが出てしまうかもしれません。

「MOFT mini」の外観

いくら使いやすくてもカバンに入れずらかったり、見た目がボテっとしていてはかっこ悪いですが、「MOFT mini」はギリギリのラインでその辺りの難しさをクリアしていると思います。MacBook Proがもつミニマムな考え方を守りながら、機能性を追加してくれるところがよいですね。

ノートパソコンの画面をのぞき込むように長時間使用していて首が疲れる、キータッチを快適にしたい、という人にはおすすめです。

GOODポイント

  • 薄型なので、折りたたむとスリーブケースやバッグへの収納も邪魔にならない
  • ディスプレイの視認性とキータッチはすごく快適になる
  • 接着面は水洗いすれば何度でも貼り直しが可能

BADポイント

  • スタンドを立てて使わないとキーボードがグラつく
  • 収納時のマグネットがやや弱い

-家電・ガジェット

© 2021 MONOGOKORO